08. 2月 2013 · 株取引 方法を学ぶのであればとにかくリスクを分散すること はコメントを受け付けていません。 · Categories: 投資法で迷った

株取引 方法を学ぶのであれば、とにかくリスクを分散することです。

「株価は景気を先取りする」ということをもう少し具体的に言うと、景気が回復しそうな兆候がでてくると、投資家は「今後景気が回復し、株価も上昇する」と考え、なるべく安いうちに株式を購入しようとします(株価は上昇)。

逆に、株 リスクを考えて、不況になりそうな兆候がでてくると、投資家は「もっと不況になり、株価は下がる」と考え、まだ株価が高いうちに売却しようとします(株価は下落)。

これが実際の景気に6ヵ月~9ヵ月ほど先行する理由です。

そのため、逆に、実際に好景気になった、まさにそのときに、株価のピークは終わったりします。したがって、ほかの投資家よりも一歩でも早くリスク回避し、景気の動向をつかむことが重要です。

Comments closed