09. 5月 2012 · トイプードル育て方では犬しつけトイレの悩みなどもありますがやはり病気が一番心配 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 犬のしつけ飼い方で迷った

トイプードル育て方では、犬しつけトイレの悩みなどもありますが、やはり病気が一番心配です。

感染症のサインとしては、ひどい空咳が最長3週間続くことがあります。トイプードル育て方では、感染した犬は普通発熱することはなく、食欲も正常のままです。ひどい咳は、無理に吐こうとする音で終わるので、飼い主は骨がのどに引っかかったと考えてしまうことが多いようです。

最近では犬ヘルペスウイルス感染症と犬コロナウイルス感染症に対するワクチン接種もできるようになっています。ヘルペスウイルスはケンネルコフの原因でもありますが、幼い子犬の死の原因のひとつになっています。コロナウイルスは以前に考えていたよりも、大腸炎が頻発する原因であると考えられています。犬しつけトイレにも要注意です。